美容外科でダイエットする

痩せるということだけを考えると美容外科でダイエットするというのも一つの方法になるかもしれませんね。まあ、美容外科で痩せるのをダイエットというのかどうかは分かりませんが…。

最近の美容外科で人気なのは脂肪吸引注射・山参注射らしいです。

脂肪吸引注射はメスを使わずに、直接注射によって死亡を抽出することができるらしいのです。メスを使わないということからダウンタイムが少なくて人気となっているようですよ。

僕もダイエットをしていて思うのですが、ダイエットして体重は減ってきているのですが、お腹の周りの浮き輪肉みたいなのが全く落ちません。体重は落ちていて、前に出ていたお腹はへっこんで来たのですが、浮き輪肉だけは残ったままなのです。

こういったどうやっても減りにくい浮き輪肉は脂肪吸引注射で撮ってもらうというのは一つの方法かもしれませんよね。

特殊な運動をすれば落ちるのかもしれませんが、ダイエットというだけでちょっとストレスは感じてしまうので、これからまた特殊な運動というのはちょっと避けておきたいところです。

山参注射は肥満治療に最適な薬剤を注射してくれて、太りにくい身体を作り上げるもののようですよ。詳しくは分かりませんが・・・。

とりあえず太りにくい身体を作ってくれるというのはかなり有難いですね。どうしても年齢がいけばいくほど代謝が落ちて太りやすくなってしまっていますから。

健康的に痩せるためには食事制限と運動というのが最適解ではあると思うのですが、美容外科でのダイエットも時には利用するのもありかもしれませんね。

2週間禁酒後の血液検査

病院の先生が2週間お酒を飲まなければ血液検査の結果も大きく改善するはずということだったので、2週間禁酒してみました。

毎日お酒を飲んでいて、アルコール中毒と言ってもいいような状態になっていたので、禁酒はかなり厳しかったです。

2~3日は普通に問題なくできたのですが、その後には「夜お酒を飲もうかな?」っていうのを朝起きた時から考えてしまうことがありました。

そんな状況にありながらも、何とか2週間の禁酒に成功しました。

で、血液検査の結果ですが、

【AST】56→56

【ALT】62→113

【r-GT】262→166

【中性脂肪】198→98

となっていました。 

異常値になっていたのがこの4つの項目だったのですが、2週間の禁酒により正常になったのは中性脂肪だけでした・・・。

ALTは禁酒前より上がってるし。

ガンマが異常値ではあるけど100ほど下がっていたのは良かったですが。

そんなに大幅に改善されたという訳ではないですが、やはり結局のところお酒を飲むのって体に悪でしかないんでしょうね。

ハーバード大学式命の野菜スープ

なんか肝臓に良いい食べ物とか飲み物ってないかなーと思ってネットで調べていると、「ハーバード大学式命の野菜スープ」というものにたどり着きました。

ハーバード大学式命の野菜スープっていうのは、ファイトケミカルっていう体にいい成分がたっぷり含まれているスープらしいのです。

ファイトケミカルというのは野菜や果物に含まれる天然の機能性成分、抗酸化作用やデトックス作用、免疫を整える作用、がんや動脈硬化を予防する作用、ダイエット効果、アンチエイジング作用といったいろいろな機能を持っているようなのです。

早速本も買って読んでみたのですが、肝臓の数値が悪かった人も結構改善しているようなので早速試してみることにしました。

「ハーバード大学式」ってなると、メチャクチャ難しそうなスープに思えるかもしれませんが、このスープはキャベツとカボチャ、ニンジン、玉ねぎの4種類を切って煮込むだけの簡単スープです。

塩分とかを気にしなくていいように基本的に味付けはしないようで、僕はだしパックを1パックだけ入れて作っています。

これだけのスープだと味気ないのでは?と思うかもしれませんが、野菜のだしもしっかり聞いて十分満足できるスープなのです。

毎日飲んでると落ち着くって感じもします。

僕は、朝はこのスープだけにして、昼は家族と一緒に食べるのではなく1人だけの時に、このスープと鶏ささみかゆで卵など軽く食べるようにしています。

なんか、食事制限しまくりの無茶なダイエット方法に思われる人もいるかもしれませんが、意外と全く無理はしていません。昼に野菜スープを2杯程度食べるだけでも十分満足感があるので。

で、夜は気にせず好きなものを食べるという感じです。

よくあるダイエットマニュアルでは、朝と昼をしっかり食べて、夜を軽く済ませるというものが多いですが、夜はどうしてもある程度しっかり食べたいので合いません。その点、朝と昼は軽くで十分なので。

この食生活にしてからは、徐々に体重も落ちていますし、体が軽い感じもしています。家族と一緒にいるときにお昼からしっかり食べると、その食べた後から眠くなってちょっと気力的なものが落ちる感じがしています。

結局のところ人間って食べすぎは良くないんでしょうね。

あと、結構常に赤ら顔だったり、手のひらとか足の裏も赤かったりしたのですが、これがごく一般的な色味になってきたような気もします。

前は、お酒を飲んでもないのに「飲んでるの?」って言われることが多かったのですが、そういったことを言われなくなったので。

まあ、このハーバード大学式命の野菜スープがどれだけいいものなのか?というのは分かりませんが、野菜だけのスープで体に悪いわけはありませんよね。

なんか、今までお酒を飲みたいがための健康の気遣いをして、健康に関する本やユーチューブを色々見ていたのですが、最終的にストレスをためないということと野菜をしっかり食べるということでまとめられそうな気もしました。

脂肪肝と診断される

ほぼ毎日お酒を飲むという生活を始めてから早20年ぐらいが断とうとしています。

正直こういった生活が良いわけはありませんよね。

この間、高血圧で降圧剤の薬も飲まないといけない状態になっていますし、痛風も何度かなって痛風の薬も飲んでいる状態です。

で、久々に血液検査をしたのですが、肝臓の数値が結構悪くなっていました。よく聞くガンマは200を超えていましたから。

その他の肝臓の数値もちょっと悪い状態でした。

この血液検査の数値を見た時に怖くなったのが「肝硬変では?」ということですね。

r-GT・・・262

AST・・・56

ALT・・・62

という数値でして、僕と同じくよくお酒を飲む友人曰く、ガンマはまだいいけどASTとALTが上がってきたら肝硬変を着つけないとやばいとのことでした。まあ、あくまで素人が言っていることではあるのですが。

でも、まあ基準値は超えていますし、先生に「肝硬変ではないのですか?」って聞くと違うとのことで「脂肪肝」っていうことでした。

脂肪肝っていうのは肝臓に脂肪型咥えられすぎている状態みたいです。もちろん、このままの状態は良くないとのこと。

で、1番いいのは何か?ということを聞いてみると「運動して痩せる事!」っていうことでした。前からこの先生には同じことを言われていたのですが・・・。

後、お酒はほどほどには良いけど休肝日は作ったほうが良いということなので、せめて週2は休肝日を作ろうと思いました。

この時点の身長体重が、172センチ76キロだったので、標準体重には10キロほどのダイエットが必要みたいです。

とりあえず、この脂肪感から悪化して肝硬変、肝臓がんっていうのは恐ろしすぎるので出来るだけ努力していこうと思います。